新郎新婦やゲストの名前が間違っていた!

主役である新郎新婦の名前は式中何度も登場します。また席札や席次表などにはゲスト全員の名前も記載されています。そのため誰1人として名前を間違えるということがあってはならないのですが、実際に名前の記載ミスというのは少なからず起こっています。式場側は間違いがないかを何度もチェックする必要がありますし、新郎新婦もゲストに失礼のないように名前のミスがないかチェックをする必要があります。事前にそういった対策を行っておくと、未然にミスを防ぐことができて安心です。

ついつい酔っ払って病院送り

結婚式という晴れの日に、ついついお酒を飲みすぎてしまったという人は少なくはないでしょう。中には倒れるまで飲んでしまい、救急車で病院に運ばれてしまったという事例も・・・楽しくお酒を飲むというのはとても良いことなのですが、周りの人の迷惑にならないように自分をコントロールすることも大切です。また飲みすぎている人がいると感じたら、身近にいる人がとめてあげるというのも優しさです。

緊張しすぎて体調不良に・・・

緊張しすぎて前日眠れなかったという新郎新婦はたくさんいます。そんな状態で当日を迎えてたことで、式の最中に体調が悪くなってしまったという人は少なくはありません。冷や汗をかきながら無理をしても素敵な結婚式にはなりません。「他の人に迷惑がかかってしまうのでは」と心配して黙ってやり過ごすのではなく、少しでも体調に異変を感じたら近くのスタッフやプランナーに相談して少し休憩させてもらったり、衣装の締め付けを緩めてもらうなどの対処をしてもらいましょう。

お城に近い福岡の結婚式場はお城での写真撮影が普通に行われています。特に桜の季節には人気があり、お城と桜そして和服姿の若い新郎新婦が登場すると親族のみならず花見客まで祝福しカメラを構えています。