思い出に残る集合写真を

3月に入り卒業シーズンになりました。親御さんは子供と一緒に集積した際、お子さんの中の良い友人との集合写真を撮影する機会も出てくるのではないでしょうか。卒業式は晴れの舞台でもありますし、長年共に過ごしてきた仲の良い友達との別れの場でもあります。せっかくですから思い出に残るような集合写真を撮影したいですよね。子供の集合写真を撮影する際のコツをいくつか紹介していきます。

全員の顔をフレームに入れよう

一人二人を撮影する場合は被写体が少ないですから撮影に関してはそれほど難しくありません。ですが集合写真だと被写体が何人にもなりますから、普通に見れる写真を撮影するのも案外難しいものです。集合写真を撮影する際に絶対に心がけておきたいことは、全員の顔がキチンと写っているということです。この点さえ守っていればとりあえずは普通に見れる写真にはなります。

隠れてる顔がないかチェック

もう一つ集合写真を撮影するうえで心がけておいてほしいことがあります。先ほどの全員の顔がキチン戸映っているということに関連することになりますが、それは全員の顔が隠れることなくきちんと写っているようにするということです。せっかく思い出の1ページになる仲の良い友達との集合写真ですから、気tんと全員の顔が見えるようにしてください。撮影前はしっかりとチェックして隠れている人が居たら支持を出してあげましょう。

子供目線で写してあげましょう

最後に子供を撮影するときに共通するポイントとして、子供の目線で写真を撮りましょう。腰を落として子供の目線と同じ位置で撮影すると生き生きした写真が撮影できます。

これで良い集合写真が撮影できるはず

異常の事に注意すればとても良い子供の集合写真が撮れるはずです。思い出話に花が咲くような良い写真を撮影してあげましょう。

スクールフォトの撮影を依頼するうえで、腕の良いカメラマンが揃っている写真館の取り組みに目を向けることが有効です。