素敵なウェディングドレスで結婚式を華やかに

女性の人は、結婚するとなったときに考えるものの一つとして「ウェディングドレス」があると思います。ウェディングドレスは女性の誰もが憧れますし、着る機会も少ないため どうせなら素敵なドレスを着たいものです。今回は、ウェディングドレスの選び方やデザインの種類に関して詳しく紹介していきます。

ウェディングドレスのデザイン、選び方

ウェディングドレスを選ぶときは やはり自分に似合うものを選びたいですよね。ウェディングドレスを選ぶ際、注意しなければならないのが 年齢や体型、その人や会場の雰囲気、コンプレックスがある人はどう隠すか、などがあります。まず、ウェディングドレスにはシルエットが5パターンあります。1つ目はAラインです。Aラインは腰の位置が高く スタイルが良く見え、幅広い体型の人に合うため非常に人気があります。身長が高く見える効果があるので、身長が低いのがコンプレックスの人にはおすすめです。次に、プリンセスラインです。プリンセスラインは、スカート部分が大きく広がっていて女性らしさが演出できます。ボリュームがあり、目立ちますし会場で映えます。3つ目はマーメイドラインです。マーメイドラインは、上半身から腰までは身体にぴったりとしていて 下は広がっているというまさに人魚という感じのデザインです。身体のラインが出やすくメリハリがあり、プリンセスラインとはまた違ったしなやかさや華やかさの演出ができます。エンパイアライン、スレンダーラインはスカート部分が長いのが特徴で、エンパイアラインはふんわりとしているため マタニティの女性にもおすすめできます。スレンダーラインは長身で細身の人はかなりスタイルが良く見えるのでおすすめです。

ウェディングドレスは、花嫁が結婚式の挙式や披露宴で着る衣装のことです。マーメイド、Aライン、プリンセス等種類や型は沢山あります。